格安SIMを利用してしまうともうそれしかありません。

数ヶ月前に格安SIMを購入して、スマートフォンに装着して使うようにしました。
これを利用してしまうと、今まで使っていたLTEは何だったんだろう?と疑問を感じるようになります。

月々9000円程度の費用を出して使っていたのが、馬鹿らしくなるくらいです。
格安SIMだと3000円程度。
この程度の費用であれば納得も満足度も充分です。

格安SIMの場合、通常のスマホ契約と比べてデータ使用の条件枠が低く設定されていました。
普通に使うとすぐにオーバーしそうなデータ量なのですが、工夫次第で問題なく使えます。

9000円の契約では上限枠が7GBだったのですが、動画の視聴をすると、一気にその枠に達してしまいます。これを避けるためには、Wifiの利用が不可欠だったのです。

宅では光のインターネット回線を引いているので、Wifiルーターをかませて使ってします。
これだとスマホのLTE回線を使う必要がないので、データ使用の節約になることは明白です。

外でも同様で駅の構内、レストラン等で人が多く集まる場所は公衆Wifiスポットがたくさん提供されています。これを使うことでやはりデータの使用を節約することができることは誰でも知っていることです。

このような工夫だけでも月々のデータ上限枠が1GBを超えないことが多かったのです。LTEを使うのは、メールやサイトを見るだけにしていました。

これで毎月9000円払うのはとてももったいないということで格安SIMにきりかえた訳です。しかし、格安SIMでも今までと同じような節約方法で問題なく使えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です