格安SIMは携帯キャリアの高額料金へのアンチテーゼ

格安SIMといえば、最近はテレビのCMでもたくさんとりあげられるようになりましたよね。mineoだったりイオンだったりといろいろCMがでていますね。なぜこんなにも格安SIMが人気になってきたのでしょうか。

それは既存の携帯各社が用意しているプランが高すぎるからではないでしょうか。普通に契約している人が普通に使うだけで7000円から8000円になってしまいます。

ドコモの場合はカケホーダイプランが強制されておりあまり使わない人に高いプランを強制しています。このような傲慢なプランから逃げ出したい人が格安simのプランへ今後も移動することが予想されるため、どんどん人気になってきているのでしょう。

かくいう私も以前はドコモを利用していましたが、今ではOCNモバイルONEの格安SIMへMNPして利用しています。マツコデラックスが宣伝しているSIMですね。OCNを選んだ理由としてはまずドコモ系列のMVNOのためです。

私はドコモを利用していたので当時利用していたドコモの端末をそのまま流用して使用することができます。またOCNの場合は050plusというip電話を利用することができます。通常は毎月の維持費が300円かかるのですが、OCNモバイルONEの通話プランを利用している人は月額無料で利用することができます。

IP電話を利用すると、一般の電話はもちろん携帯電話に対しても格安の通話料で電話をかけることができます。そのメリットがあるので私はOCNモバイルONEにしました。各社特徴を比べてみるのも面白いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です