キャリアメールは邪魔くさい

我が家ではスマートフォンを3台利用している。パパとママはau、娘が格安SIM(NTTコミュニケーションズのOCNモバイルワン)である。このようになった経緯は次の通りだ。

もともとはパパとママがiPhone5を利用していた。娘にはiPodを利用してもらっていた。キャリアはauである。もともとはドコモユーザであったが、いつまで待ってもiPhoneを扱う気配がなかったため、ドコモから離れた(iPhone5Sからは扱うようになったが)。

iPhonr6の発売に伴いどのようなキャリア構成にするかしばらく悩んだ結果上位のとおりとなった。まず、娘がiPodを嫌がることで、3台のiPhone6構成はすぐに決定した。

ドコモから「お帰りなさいキャンペーン」と「新料金プラン」を見据えて、3台ともドコモにする案があったが、そもそも、娘のiPhoneは電話の機能は不要である。電話のかけ先はパパとママとおばあちゃんくらいである。

こうなると、ドコモの料金プランは我々からしてみると、値上げしたようにしか見えない。なおドコモの新料金プランには「データ専用端末追加プラン」もあるので、音声付きiPhoneが2台、データ専用iPhoneが1台の構成を検討したが、パパもママもそんなに電話の利用するケースが少ないため、いづれにしろコストが高くなると考え見送ることにした。

かたやauは既存のiPhone5の下取り金額をかなり高額で引き取ってくれること、かつ、各社が音声のカケホーダイプラン一色になっているにもかかわらず、これまでの料金プランも継続利用できることもあり、ものすごく魅力に感じていた。

と、ここまでは普通の検討であったが、最近の格安SIMも気にしていた。比較検討したところ、iPhoneのSIMフリーを購入して格安のSIMを利用したほうが、2年間トータルでみると安価になる結果になった。

格安SIMの魅力がわかっていたが、ママの事情によりキャリアメールが必須ということがわかり、結果的にはauの継続利用と娘は格安SIMという構成になった。しかし、格安SIMの魅力は重々理解したので、次回はママに2年かけてキャリアメールから離れてもらい、間違いなく格安SIMに移行するであろう。

また、データ量も3人で7G程度なので、ファミリーパックのようなシェアをするサービスを選ぶであろう。最後に今からauに違約金を払って、iPhone6を売って、iPhone6を買って格安SIMにしてもコスト的にメリットがあるということも把握している。本当にキャリアメールが邪魔くさいと感じる頃である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です